エアーダイブから発信する 本のサイト ダイブックス Dybooks

Dybooksは「皆で創る本」をモットーに、既成概念にとらわれず
人を感動させるモノ、いつまでも心に生き続けるモノを発信する
出版社のホームページです。

air dive 有限会社エアーダイブ
アクセスマップ お問い合せ
トップページ
新着情報
Dybooksとは?
事業内容
作品紹介
漫画「義男の空」情報
トロとイヴ
サンタクロースとちいさな木
コーチングのとびら
札幌乙女ごはん。
北方英雄伝カムイ
島義勇伝
WEB漫画「宇佐田さん」
WEB漫画「どーも 中川です。」
本を創ろう!「Dybooksの自費出版」
イラストファイル
漫画の基礎知識
漫画を描いてみよう
北海道の漫画家
オススメ書籍紹介
漫画広告のメリット
メディア情報
パートナー募集
会社概要
エアーダイブブログ
sns
義男の空ツイッター
サンタクロース島のサンクロースツイッター
義男の空公式facebook
サンタクロース島のサンクロース公式facebook
携帯サイト
 
有限会社エアーダイブ
〒064-0808
札幌市中央区南8条西4丁目
422番地5 グランドパークビル3F
■出版エージェント事業部
TEL 011-533-3216
FAX 011-533-3215
■営業部
■クリエイティブ事業部
■ライツ事業部
■編集事業部
TEL 011-533-3217
FAX 011-533-3215
線
アクセスマップ
線



当サイトでは個人情報を入力するフォームにおいて、SSL暗号化通信によりプライバシーの保護に努めています。

新着情報
トップページ >新着情報 >「渡邊賢治 絵画個展 Kenji ぼくのうた Vol.11」のご案内
「渡邊賢治 絵画個展 Kenji ぼくのうた Vol.11」のご案内
17.07.24(Mon)
本日は『義男の空』の主人公である、
小児脳神経外科医・高橋義男先生の患児、
「渡邊賢治さん」の絵画個展のご紹介です!


2017年8月22日(火)から27日(日)の6日間
道銀ビル1F 『らいらっく・ぎゃらりい』 にて
観覧無料 !!


・・・・・・・・・・・・・・・+++++++++++++++++++・・・・・・・・・・・・・・・
渡邊賢治  絵画個展  Kenji  ぼくのうた Vol.11
・・・・・・・・・・・・・・・+++++++
++++++++++++・・・・・・・・・・・・・・・

2017kaigaten.jpg
今年で 11回目!! を迎える、絵画個展です。

(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚(^◇^*)

皆さん、ぜひ今年も
賢治さんの
『歌』と『言葉』を感じてください!!

2017kaigaten2.jpg++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「渡邊賢治 絵画個展 Kenji ぼくのうた Vol.11」
―――――――――――――――――――――
日 程 : 2017年8月22日(火) から 27日(日)
時 間 : 10:00 から 18:00 (最終日は17:00まで)
場 所 : 札幌市中央区大通西4丁目1番地
             北海道銀行本店ビル1F
      地下鉄大通駅【出口4】・【出口9】直結
             らいらっく・ぎゃらりい
入場料 : 無料
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

―――――――――――――――――――――――
道銀文化財団HP
「渡邊賢治 絵画個展 Kenji ぼくのうた Vol.11」
ご案内ページ
http://dogin-bunkazaidan.org/newsdetail.php?id=44
―――――――――――――――――――――――


以下は、賢治君のブログ【渡邊賢治 Kenji ぼくのうた】より
抜粋させていただいた文章です。
http://kenji-no-egao.blog.so-net.ne.jp/
*****************************************************************

陽気で優しくておしゃべりで
歌と電車とアスレチックジムといたずらが大好きな男の子、
賢治の体や知能に、徐々に症状が現れたのは
3歳を過ぎた頃からです。
何年も病院を廻り6歳で「ムコ多糖症ハンター症候群II型」
という難病と判明しました。

この病気は体内の酵素がたった1つ欠けているために
分解できない老廃物が脳や内臓、骨などの全身にたまり
障害が現れて死に至る進行性の病気で、
当時は治療法も薬もありませんでした。

ただ研究段階ながら、
唯一進行を止める手段に『骨髄移植』がありました。

賢治は幸運なことに
姉の優香と骨髄の型が一致したため
平成9年7歳の時に札幌医大病院で骨髄移植をしました。

この病気では北海道で初めての移植でした。

辛い治療のストレスからなのか、
それとも病気がいっきに進行してしまったのか、
長い入院生活と自宅療養を終えた頃、
賢治からは『歌』も『言葉』も消えていました。

でも、骨髄移植は成功しました。

賢治の体の中で、
姉の血が生き始め、
欠けていた酵素を作り出してくれました。

内臓の腫れも治まりました。
皮膚や関節もずいぶん柔らかくなりました。
脳の萎縮も止まりました。
もう、病気の進行に怯えることはありません。

失ったものもたくさんありますが、
賢治には最大の宝、命と笑顔、が残りました。

賢治は10歳の頃から絵を描きはじめました。

きっかけは、手にした物を何でも放り投げる癖を生かして
絵筆を持たせたことです。
どこへ飛ぶかわからない筆が、
和紙の上で重なり逢って生まれ出る賢治の色。
偶然が成す筆跡、線、空間。
その意図の無い絵は不思議にも心を揺さぶられるものでした。

渡邊 賢治―Kenji―の絵は、
まるで何かの使命を果たすかのように、
彼の『歌』と『言葉』を発しています。

【渡邊賢治 Kenji ぼくのうた】より
http://kenji-no-egao.blog.so-net.ne.jp/2007-10-25

*****************************************************************

新着情報一覧







air dive 有限会社エアーダイブ

トップページ Dybooksとは?事業内容新着情報自費出版
漫画の「義男の空」情報!!WEB漫画「宇佐田さん」WEB漫画「北方英雄伝カムイ」
WEB漫画「どーも 中川です。」 北海道の漫画家サンタクロース島のサンタクロース
ビジネス書「コーチングのとびら」北海道漫画家リストオススメ書籍紹介漫画の基礎知識
漫画を描いてみよう漫画広告のメリットイラストファイルメディア情報
パートナー募集会社概要アクセスマップお問い合わせ




Copyright(c) 2008 air dive. All rights reserved.