エアーダイブから発信する 本のサイト ダイブックス Dybooks

Dybooksは「皆で創る本」をモットーに、既成概念にとらわれず
人を感動させるモノ、いつまでも心に生き続けるモノを発信する
出版社のホームページです。

air dive 有限会社エアーダイブ
アクセスマップ お問い合せ
トップページ
新着情報
Dybooksとは?
事業内容
作品紹介
COMICS
漫画「義男の空」情報
あらすじ・収録対談
発刊にあたって
応援メッセージ
取扱書店一覧
寄贈プロジェクト
寄贈プロジェクト
島義勇伝
札幌乙女ごはん。
PICTURE BOOKS
サンタクロースとちいさな木
トロとイヴ
ぼくのおとうとは機械の鼻
BUSINESS BOOKS
コーチングのとびら
「図解でなっとく! トラブル知らずのシステム設計
WEB COMICS
WEB漫画「宇佐田さん」
WEB漫画「どーも 中川です。」
北方英雄伝カムイ
本を創ろう!「Dybooksの自費出版」
イラストファイル
漫画の基礎知識
漫画を描いてみよう
北海道の漫画家
オススメ書籍紹介
漫画広告のメリット
メディア情報
パートナー募集
会社概要
講演依頼
エアーダイブブログ
sns
エアーダイブオフィシャルツイッター
義男の空公式facebook
サンタクロース島のサンクロース公式facebook
携帯サイト

講演依頼

メールマガジン
漫画「義男の空」に関する情報
などをメールにて配信します!
メルマガ登録をご希望の方は
下のボタンをクリックして下さい。
メルマガ購読 解約する
携帯サイト
 
有限会社エアーダイブ
〒064-0808
札幌市中央区南8条西4丁目
422番地5 グランドパークビル3F
■出版エージェント事業部
TEL 011-533-3216
FAX 011-533-3215
■営業部
■クリエイティブ事業部
■ライツ事業部
■編集事業部
TEL 011-533-3217
FAX 011-533-3215
アクセスマップ

当サイトでは個人情報を入力するフォームにおいて、SSL暗号化通信によりプライバシーの保護に努めています。


だめだといわれてその気になるな。
                              告知から二十四時間後の【決意】
【田中】 高橋先生から、標君が裂脳症だという告知をされて、
徳永さんも奥さんも、そこから二十四時間でその現実を
受け止めて、手術を決意しましたね。
その時の状況は、どんな感じだったのですか?


徳永 標の発育に問題がありそうだということで、当時、銭函にいた高橋先生に診ていただくことになりました。妻と息子は、先に母子入院という形で札幌に来ていて、僕は当時住んでいた十勝から合流したんです。CTやMRIなどの検査を全部やって、妻と二人で先生の診断を受けました。
CTの写真を見せられて、「脳の一部が欠けています」と言われたのですが、最初は、先生が言っていることの意味がわかりませんでした。脳の一部がないなんて現実にはあり得ないことだと思っていたので、うまく理解できなかったし、動揺して、言葉が出なかったんです。やっとの思いで、これからどうなるんですかって聞いたら、どんどん刺激を入れていかないと体が硬くなっていきます。脳性麻痺みたいな部類になるから、と説明されました。それから、先生に「頭の中に溜まっている水を抜いた方がいいかも」と言われたんですよね。

高橋 抜いたら何が増えるかわかるかい?って言ったんだよね。

  徳永 ええ、先生は、水がなくなったところに、脳の発達が望めるかもしれない、と。まだ一〇〇%じゃないけど、そういうことが可能性としてあるから、髄液を抜くシャントという管を入れた方がいいよと言われて、「入れないとどうなりますか」って聞いたら、「このままじゃ、何も変わらない。少しでも可能性のあるほうに賭けてみないか」って、そういうようなことを言われたんです。あまり良く覚えていませんけど……。

義男の空【2】 収録対談
高橋 診断の時、ほとんどの親御さんは冷静に聞いているけど、たぶん、頭の中が真っ白になっていると思うんだ。それに比べたら標の父さんは覚えているほうだよ。

義男の空【2】 収録対談
徳永 でも、先生の話の半分も頭に入っていなかったと思います。ただ、標は障がい者になったんだと。これを少しでも改善する可能性があるとしたら、頭を手術しなきゃ駄目なんだなって。そして、次の日には僕も妻も、標の手術をお願いしようっていう、同じ結論にたどり着きました。

 
高橋 普通はたどり着かないよ。なかなか納得できないのが一般的なんだ。だから、いったんは諦めてもらって、次に展開するという形になる。でも、標の父さんと母さんは、わずか二十四時間で、あり得ないような現実を受け入れられた。二人ともスポーツをやっていたそうだけど、きっと、駄目と言われたことでも、努力してそれをひっくり返して勝った経験があったんだと思う。それで、駄目と言われても「よし、いくか」って、踏み切れたと思うよ。



≪前のページ
次のページへ≫


air dive 有限会社エアーダイブ

トップページ Dybooksとは?事業内容新着情報自費出版
漫画の「義男の空」情報!!WEB漫画「宇佐田さん」WEB漫画「北方英雄伝カムイ」
WEB漫画「どーも 中川です。」 北海道の漫画家サンタクロース島のサンタクロース
ビジネス書「コーチングのとびら」北海道漫画家リストオススメ書籍紹介漫画の基礎知識
漫画を描いてみよう漫画広告のメリットイラストファイルメディア情報
パートナー募集会社概要アクセスマップお問い合わせ




Copyright(c) 2008 air dive. All rights reserved.