エアーダイブから発信する 本のサイト ダイブックス Dybooks

Dybooksは「皆で創る本」をモットーに、既成概念にとらわれず
人を感動させるモノ、いつまでも心に生き続けるモノを発信する
出版社のホームページです。

air dive 有限会社エアーダイブ
アクセスマップ お問い合せ
トップページ
新着情報
Dybooksとは?
事業内容
漫画「義男の空」情報
あらすじ・収録対談
発刊にあたって
応援メッセージ
取扱書店一覧
寄贈プロジェクト
寄贈プロジェクト
作品紹介
COMICS
漫画「義男の空」情報
島義勇伝
札幌乙女ごはん。
PICTURE BOOKS
サンタクロースとちいさな木
トロとイヴ
ぼくのおとうとは機械の鼻
BUSINESS BOOKS
コーチングのとびら
「図解でなっとく! トラブル知らずのシステム設計
WEB COMICS
WEB漫画「宇佐田さん」
WEB漫画「どーも 中川です。」
北方英雄伝カムイ
本を創ろう!「Dybooksの自費出版」
イラストファイル
漫画の基礎知識
漫画を描いてみよう
北海道の漫画家
オススメ書籍紹介
漫画広告のメリット
メディア情報
パートナー募集
会社概要
講演依頼
エアーダイブブログ
sns
義男の空ツイッター
サンタクロース島のサンクロースツイッター
義男の空公式facebook
サンタクロース島のサンクロース公式facebook
携帯サイト

講演依頼

メールマガジン
漫画「義男の空」に関する情報
などをメールにて配信します!
メルマガ登録をご希望の方は
下のボタンをクリックして下さい。
メルマガ購読 解約する
携帯サイト
 
有限会社エアーダイブ
〒064-0808
札幌市中央区南8条西4丁目
422番地5 グランドパークビル3F
■出版エージェント事業部
TEL 011-533-3216
FAX 011-533-3215
■営業部
■クリエイティブ事業部
■ライツ事業部
■編集事業部
TEL 011-533-3217
FAX 011-533-3215
線
アクセスマップ
線

当サイトでは個人情報を入力するフォームにおいて、SSL暗号化通信によりプライバシーの保護に努めています。
漫画「義男の空」情報 応援メッセージ
トップページ > 漫画「義男の空」情報!! > 応援メッセージ
たくさんの応援メッセージありがとうございました!!
漫画「義男の空」発刊にあたっての皆様からの応援メッセージを一部ご紹介します。
今後もまだまだ応援メッセージを募集しております。
是非、漫画「義男の空」に熱いメッセージをお送りください!!
応援メッセージを送る
Aさん

朝顔の種を食べて腹痛をおこした義男が大丈夫とわかって泣き出す和子に思わずもらい泣きしました。

この家族の暖かさに今後が楽しみです。
 
Sさん

次回作を期待しています!頑張ってください!!

Kさん

出版おめでとうございます。

義男先生のことを良くまとめていると思います。

Kさん

2月17日はサイン会を開いてくれてありがとうございます。これからもがんばって下さい。


Fさん

「義男の空」何度も読みました。
早く次が読みたいです。
実家の母も読んで「こどもは大丈夫なの?」と心配しています。

だから次も早く読ませたいです。

 
Iさん

エアーダイブの皆様発刊おめでとうございます。今後の活躍を楽しみにしております。


Hさん

精巧な絵、丁寧なストーリーすばらしかったです。
2巻も楽しみにしていますのでがんばって下さい!!


Kさん(北海道)

「義男の空」読みました!
登場人物の絵が表情豊かで、とても読みやすかったです。ぜひ2巻も買いたいです。

私の周りにも、シャントの手術をうけている方がいらっしゃるので、 他人事ではないストーリーでした。「僕は選んできたんだよ」という言葉が、印象的に感じました。 この先のストーリーが気になります。

部屋の壁に貼ってる掲示物で高橋先生の人柄が伝わってきます。「いけまぜ夏フェス」という名前も聞いたことがありました。
病気を治せる、お医者さんってやっぱり凄いなぁって思います。

皆さんの力を合わせてできた本が
人の気持ちを変化させることができるなんて、凄いことですよね!もっと多くの人に広がればよいですね!


 
平林茂樹さん(北海道)

「義男の空」読ませていただきました。
診察の時の話し方なんかがそのまま描写されてすごく面白いです。
話かたはぶっきらぼうでも患者さんに対する思いはすごいです。
早く続きが読みたいです。


Sさん(北海道)

発刊おめでとうございます。

同年代の方のこの様な活躍は、大変嬉しくそして勇気を頂けます。

私も3人の子供を持つ母として、子供が病に見舞われたら、どんなに辛いか、考えただけでも、胸が苦しくなります。
皆さんの応援コメントを拝見していると、私も早く「本を手にしたい!」と思いました。

エアーダイブの皆様本当におめでとうございます。今後とも頑張ってください。
影ながら応援させて頂きます。

Mさん(北海道)

沢山のマンガばかり読んでいるので、好きな作風とかはあるのですが、うまい!と思いました。
私は素人なので、勘でしか言えないけれど、娘(30代)も良い絵だねと言っています。 ストーリーも無駄がなく、とてもよくわかります。
結局読みやすく分かりやすいのが一番なんでしょうね。
面白い漫画ですし、読者に続きを待たせるということは中々大変なことと思いますが、楽しみにしておりますので、どうぞ頑張ってください。


Eさん(北海道)

絵も文も優しくてほっとします。
私自身3回も読みました。家族皆でも読みました。次巻も心待ちにしています。


 
Caffeineさん(北海道)

発刊おめでとうございます!
僕も1人でも多くの方に「義男の空」を知ってもらえるように口コミで伝えたいと思います!
皆さんこれからも頑張って下さいね。


Aさん(北海道)

楽しく読み終えました。
面白い漫画でした。
高橋先生の生い立ちなどが書いてあり、先生の人となりが分かります。早く2巻が出てくれないかと待ち遠しいです。

また予約しますね。

Iさん

個人的にも、また、デザイナーとしてもこれほど勇気づけられる本と出会ったのは、久しくありませんでした!


たくみママさん(北海道)

ある雑誌の記事を読み、高橋義男先生のことを知りました。その記事の子供と私たちの子供の障害の原因となった症状とが一緒だったからです。先生の存在や同じような仲間のことをもっと前から知っていたら、あの時、あんなに悩み苦しむこともなかったのかな・・・と思いながら読ませていただきました。
これからも心の支えとして読ませていただきたいと思っています。

 
畠山佳奈恵さん(北海道)

発売おめでとうございます。以前からこの漫画の噂を聞いていて、楽しみにしていました。
私は高橋先生の事は存じ上げませんし、今回モデルとなっているご家族の大変だったお話も知りません。でも、いち「漫画好き」の人間として、純粋に興味深い漫画でした。不思議と何度も読み返したくなり、今日も2回も読み返しました。第2巻の発売、楽しみにしています。頑張って下さい。


Dさん(北海道)

義男の空を読みました。背中がぞくぞくして鳥肌が立つ程感動しました。次作を楽しみにしています。

 
Mさん(北海道)

発刊おめでとうございます。本の内容を見て病院の自動ドア越しにしか会えない様子など懐かしく思いました。私の職場でも興味を持って全巻購入希望の人もいます。応援していますので頑張って下さい。


Sさん(北海道)

高橋先生のことは知らなかったのですが、ある知人から紹介してもらって義男の空を購入しました。こんな先生に診て貰った家族は心のケアーをしっかり受け、より強い絆で結ばれていったのでしょうね。スタッフの皆さんはこれからが大変だと思いますが高橋先生という素晴らしい医師の功績をより多くの人に伝え、希望の火を灯してあげてください。


 
Tさん(北海道)
発売おめでとうございいます\(^o^)/
書店で「義男の空」が山積みになっているのを見てとても嬉しかったです(内容にもウルウル・・思い出してしまいました)
それから某書店でランキング9位になっていました!これからも皆様しあわせでありますように・・・・・・
我が家族も応援してます(^−^)

Mさん(北海道)
朝日新聞で「義男の空」の記事を読みました!!
高橋先生にはダウン症の息子が7歳のとき、てんかんでお世話になりました。第一印象はなんて怖い、口の悪い先生だと、高橋先生にかかった事を後悔しました。3年ほど見ていただき、口の悪さの裏に、やさしさや体制に対する強さをひしひしと感じ、暖かな人間性にほれました。おかげさまで息子のてんかんも完治し、現在は自分の足で歩いて、通学しています。先生ありがとうございました。「義男の空」予約しますね。
 
柴田麻衣さん(北海道)
昨日やっと義男の空Getしましたぁ〜。 本屋さんに行く間もとても楽しみでドキドキしながら、手に入れた瞬間すぐ封を開けて読みたいという気持ちに駆られましたが、家まで我慢しました^^
そして、家に帰って1時間かけて読み、読み終えてからも寝る前などまた読み、今日も読んでました^^
先生とは生まれた時から知ってるので、色々想像しながら読んでいましたが、全然知らないことだらけでした^^;
やっぱり先生はすごいよ!! 2巻目も楽しみにしてます^^

信太恵理香さん(北海道)
スタッフの皆様、発刊おめでとうございます。 早速、読ませていただきました。 高橋先生に初めてお会いした日のことが鮮明に思い浮かびました。あの日の空気、あの時の心境、全部…。 そしてこうして穏やかに過去を振り返られることの喜びを感じました。 息子も真剣に読んでいましたよ。 本という形にしていただいてありがとうございました。 高橋先生をはじめ仲間(かぞく)をいつも近くに感じられます。 この本にこめられたソウルは多くの方々の心に伝わると思います。 うまく言葉にできませんが、今の私は「よっしゃ〜頑張るぞ」という気持ちでいっぱいです。 明日から早速、友人知人にプレゼントしてまわりま〜す! これからもずっとず〜っと応援しています!!

 
Cさん(北海道)
発刊おめでとうございます!!
同じ年頃の子供を持つ親として自然と自分に置き換えて読んでいました。 うまく言えませんが、本当に高橋先生に出会えて良かったですね!! これからも2作目3作目・・。と楽しみにしています!!頑張ってください。

さくらさん(北海道)
発売が本当に楽しみでした。早速読みましたが、あまりにも素晴らしく、5回読んで、今日もまた読んでしまいました。読めば読むほど味が出る感じです!心温まるものを作っていただき、本当に感謝しています!
Tさん(北海道)
心から感謝です・・・
現在6歳、脳瘤で生後1ヶ月にときに手術を受けた娘が、この「義男の空」を読みました。
「ママ、赤ちゃん、病気になってかわいそうだったね。私もこの病気だったの?」「私の病気がわかったとき、ママも悲しかったの?」「先生が一所懸命、手術してくれたんだね」と・・・
今春、1年生になることを楽しみにしている娘がこの本を読んで、子供なりに自分の病気のことを考えてくれました。
この本をきっかけに、娘に病気のことを少しずつ分かりやすくお話することができました。
高橋先生はもちろん、貴重な機会をいただいたエアーダイブの皆さんに、心から感謝しています。

 
隆ママさん(北海道)
発売を心待ちにしていた1人ですw
我が家にも8歳になった息子がいて生後1ヶ月も満たない頃に水頭症が発覚しそれから高橋先生出会い救ってもらい現在も苫小牧にいる先生に年2回診察をしてもらっています。
本当に先生のお陰で現在は元気にすくすく育っています。
これから近くの書店に行って「義男の空」買ってきます。
早速読ませてもらいそして色々な人に広めて温かい気持ちになってもらおうと思っています。
次巻も楽しみにしています。出版に携わってる方々皆の為に今後も頑張ってください。
山本英典さん(北海道)
エアーダイブの皆さん「義男の空」第1巻の発刊本当におめでとうございます。早速今日購入して読ませていただきました。
本当に素晴らしい内容で、北海道にこんなに素晴らしいドクターがいる事をもっと多くの人に是非知ってもらいたいと強く感じました。妻も感動しており早く次号が発刊にならないかと楽しみにしています。これからも素晴らしい本を楽しみにしています。是非頑張って下さい!!応援してます。

 
Tさん(北海道)
ネットで予約し心待ちにしていた第1巻が昨日届き、さっそく読みました!
高橋先生との初対面のあの日のあの部屋の様子・・・読んでいて大号泣でした。第2巻もその次も早く読みたい!と楽しみに待っていますので、頑張って下さい。3冊購入したので、お世話になった両親にさっそく郵送したいと思っています。
Tさん(北海道)
第1巻が届きました。凄いよね。読みふけって半分以上読みました。
でも仕事も有るし一日で読み終えるのはもったいないです。私漫画は好きで良く買いますがしっかりした絵でストーリーも無駄が無く次に行きたいと思わせる内容です。素晴らしいね。
スタッフの皆さん、次巻の発行を楽しみにしてますので、頑張ってください!!

 
Oさん(北海道)
いつもメルマガ通信を配信して頂きありがとうございます。
私の17歳になる娘も先天性水頭症で、高橋先生に大変お世話になり今だに病気以外の心のケアまでして頂いています。家族みんな高橋先生が大好きで、心から感謝しています。
「義男の空」で高橋先生の面白いところ・優しいところ・素晴らしいところたくさん伝えて下さい。
発売日を楽しみに待っています。 エアーダイブの皆さん頑張って下さい!!

大畑孝広さん(三重県)
高橋先生とはオリンピックの時、私が選手で先生がトレーナーという間柄で、大変お世話になりました。先日は小樽に行く機会があり、お手紙では連絡を取っていたものの、22年ぶりにお会いして、改めて先生の奥深い心の優しさを感じ取りました。特に亡くなられた子供達の写真を車の中に貼り、くじけそうになると写真を見て『ナニクソ』と自分を奮い立たせるとの事を聞いて益々頼もしい人物と感心をしています。この度、漫画の主人公になると聞いて、大変楽しみにしています。藻岩山から一緒に観た札幌の夜景のように壮大で宝石のようなキラキラした作品になることをお祈りいたします。
 
吉井慶さん(北海道)
僕も先生に助けてもらった一人です。今はプロスノーボーダーを目指して頑張っています。この漫画の発刊にあたって先生や先生に関わっている皆の事が多くの人に理解してもらえたらとても嬉しいです。僕も応援します!!

増田睦子さん(北海道)
発売決定おめでとうございます。
知り合いの方にパンフ送ってもらい、稚内で宣伝してますよ。
稚内の書店に置いてないみたいだったので、みんなに注文とってます。
応援してます。本楽しみにしてます。


畠山忠洋さん(北海道)
現代人にワビ・サビを湧き出させるような漫画になると思います。そして、今の冷え切った人間社会に必ず良い影響を与えるものだと確信しています。
私も全巻揃えたいと今から期待していますので社長以下スタッフ一同さん、
がんばれ〜!!

Sさん(北海道)
本当に本当に楽しみに待っています。地元では高橋義男先生のことを知らない人も多いので、多くの人に見て欲しいです。もちろん発刊されたら、お世話になっている人などにプレゼントする予定です。
頑張って下さい!応援しています!


 
森山智枝子さん(北海道)
義男の空、早くみたいです!!
素晴らしいストーリーが漫画となり仕上がって見れる日を心待ちにして待っています!!
今後も色々な作品を沢山の人たちへ是非届けてください!頑張ってくださいね!!これからも応援してます。

Kさん(北海道)
スタッフの皆様、新刊本の発行に向けてご尽力されていることと思います。
新刊本の発行を今か今かと待ち焦がれている者です。 
私の子供も障害を抱えた中で、現在一人前の大人として自活しておりますが、これまでの道のりには山あり、谷ありの中で、その時の医師には大変お世話になりました。
このこともあり、一日も早い発刊を期待し、楽しみにしております。

Kさん(北海道)
娘は、水頭症と二分脊椎症という病名の障害をもって生まれました。生まれてすぐ、当時高橋先生のいらっしゃる小樽の病院に空路で搬送後、手術をしていただき、現在はとても元気で笑顔の素敵な娘になっています。その当時を思い出すと親ながら何にも出来ずにただ泣いていたことを思い出します。手術前の診察後に高橋先生に掛けられた言葉「弱いけれど歩行は可能です。親の遺伝までは治せないけれど、親よりも賢くなるから」この高橋義男先生の言葉で、自分がどんなに勇気付けられ、この授かった大切な命を育てていこうと自分自身が変わることが出来ました。苫小牧に移られ三年ほど診察を受けていませんでしたが、年賀状に、たまには顔を出せの一言があったおかげで、また高橋先生の診察を受けに行くことが出来ました。いつでも連絡が出来る先生はこの世には少ないと思います。高橋先生は子供ばかりではなく、親たちにとっても、とても暖かい神様のような存在です。またこのようなマンガを描いていただき感謝します。ずっと応援していきます。発売を楽しみにしています。最後に一言、高橋先生、そしてこのマンガを企画していただいた皆様にありがとう。

 
Tさん(北海道)
娘は、生後1ヶ月のときに高橋先生の手術を受けています。
手術直後に、今後ハンディキャップを持つかどうか心配で質問した私に、
先生は「ハンディキャップは社会が作り出すものだ」と一言。
今でも忘れられない一言です。
もうすぐ年1度の検査で、苫小牧に行きます。高橋先生にお会いできるのがとっても楽しみです。
高橋先生の漫画が発行されると新聞の記事を見てから、楽しみにしています。


Nさん(北海道)
私達が出会う前の高橋義男先生の生い立ちが気になります。
発刊をとても期待しています!


匿名さん
北海道新聞に掲載された時から楽しみにしています。全刊買いますよー!!
Tさん(北海道)
とにかく“むちゃくちゃ"応援しています。一緒に頑張りたいです。
 
匿名さん
時間がかかっても、続編を毎年だしてほしいです。

Aさん(北海道)
前に進み続ける高橋義男先生にバンザイ!!

 
Kさん(北海道)
「みんな同じ人間だべや。」の姿勢が高橋義男先生の生き方につらぬかているようです。私も高橋義男先生の応援団の一人です。
Sさん(北海道)
ドクター高橋のおかげで障がい児の親としての人生が楽しくなり、家族が元気になりました!!ありがとう先生!!


Sさん(埼玉県)
我が家の長女がお世話になり、はや8年目を迎えようとしております。
今年も苫小牧に行き長女の診察をして頂きました。
色々な境遇の家族が、高橋医師を必要としています!
先生!頑張れ!我々の主治医は誰でもない、高橋義男なんだぞ!
 
Tさん(北海道)
自身、14歳で軽度水頭症(アーノルドキアリ奇形)を発症。
現在は元気にすごしています。
発刊の際はぜひ購入させて頂きます。
常日頃から「自分も大丈夫だった。僕を見てください!」と同じ境遇の人への応援がしたかったところなのでおもわずメッセージを記しています。
さて自身の経験を振り返ると母の苦しみが一番大変なものだっただろうと痛感しております。
病名がわからない頃の「脳腫瘍では?」との母の苦しみや、当時CTも日本に3台しかなく何時間もかけて母と行ったこと(今では4・5分で終わる単純CTも40〜50分かかったような気がします)など。
わが子の先行きを案じていらっしゃる奥様方、お子さんは大丈夫。
これからもがんばってください!

匿名さん
障がい児や障がい児をとりまく家族や福祉関係の方だけでなく、一般の方達にも興味を持ってもらえるような本にしてください!
 
匿名さん
いつか誰かが、世の中に高橋義男先生を紹介してくれると思い信じていました。応援しています!!




応援メッセージを送る

↑ページのトップへ




air dive 有限会社エアーダイブ

トップページ Dybooksとは?事業内容新着情報自費出版
漫画の「義男の空」情報!!WEB漫画「宇佐田さん」WEB漫画「北方英雄伝カムイ」
WEB漫画「どーも 中川です。」 北海道の漫画家サンタクロース島のサンタクロース
ビジネス書「コーチングのとびら」北海道漫画家リストオススメ書籍紹介漫画の基礎知識
漫画を描いてみよう漫画広告のメリットイラストファイルメディア情報
パートナー募集会社概要アクセスマップお問い合わせ




Copyright(c) 2008 air dive. All rights reserved.