エアーダイブから発信する 本のサイト ダイブックス Dybooks

Dybooksは「皆で創る本」をモットーに、既成概念にとらわれず
人を感動させるモノ、いつまでも心に生き続けるモノを発信する
出版社のホームページです。

air dive 有限会社エアーダイブ
アクセスマップ お問い合せ
トップページ
新着情報
Dybooksとは?
事業内容
作品紹介
COMICS
漫画「義男の空」情報
あらすじ・収録対談
発刊にあたって
応援メッセージ
取扱書店一覧
寄贈プロジェクト
寄贈プロジェクト
島義勇伝
札幌乙女ごはん。
PICTURE BOOKS
サンタクロースとちいさな木
トロとイヴ
ぼくのおとうとは機械の鼻
BUSINESS BOOKS
コーチングのとびら
「図解でなっとく! トラブル知らずのシステム設計
WEB COMICS
WEB漫画「宇佐田さん」
WEB漫画「どーも 中川です。」
北方英雄伝カムイ
本を創ろう!「Dybooksの自費出版」
イラストファイル
漫画の基礎知識
漫画を描いてみよう
北海道の漫画家
オススメ書籍紹介
漫画広告のメリット
メディア情報
パートナー募集
会社概要
講演依頼
エアーダイブブログ
sns
エアーダイブオフィシャルツイッター
義男の空公式facebook
サンタクロース島のサンクロース公式facebook
携帯サイト

講演依頼

メールマガジン
漫画「義男の空」に関する情報
などをメールにて配信します!
メルマガ登録をご希望の方は
下のボタンをクリックして下さい。
メルマガ購読 解約する
携帯サイト
 
有限会社エアーダイブ
〒064-0808
札幌市中央区南8条西4丁目
422番地5 グランドパークビル3F
■出版エージェント事業部
TEL 011-533-3216
FAX 011-533-3215
■営業部
■クリエイティブ事業部
■ライツ事業部
■編集事業部
TEL 011-533-3217
FAX 011-533-3215
アクセスマップ

当サイトでは個人情報を入力するフォームにおいて、SSL暗号化通信によりプライバシーの保護に努めています。


初めての出会い。瞬間的な決断。
                                「この人は共に戦ってくれる」
そもそも、ご自身の息子さんの「水頭症」の
病気のことで紆余曲折していくうちに、
高橋義男先生のところにたどり着いたということですが、
お二人の最初の出会いはどのようなものだったのでしょうか


田中 高橋先生に初めてお会いした時のことは、今も鮮明です。診察室のドアを開けた瞬間、光の中に先生がいました。部屋の窓からやわらかい光が差し込んでいて、先生の茶色い髪の毛をふわりと照らしていたんです。「お医者さんらしくないな」っていうのが第一印象でした。横の壁には子どもたちの写真が一面に貼られていて、僕はそれですぐに元気をもらいました。「この人は共に戦ってくれる」。瞬間的にそう感じました。

高橋 あの時、お父さん(田中宏明のこと)は、おそらく内心はパニック状態だったと思うけど、割と落ち着いた態度だったよね。診察室に貼ってある子供たちの写真はね、言葉よりも力がある。なにより自分たちの力になるんです。説明するよりも、見てもらうほうが早いからね。

田中 そのとおりでした。僕は先生に、「息子は死ぬ病気(水頭症)なのか」「息子はどうなるのか」って矢継ぎ早に聞いてしまったんですが、先生は、「とにかくほかのご家族に会っておいで」と言いました。それで病院の中にいた親御さんや子どもたちに会わせてもらって、話をさせてもらいました。

高橋 どこかで見たり聞いたりした情報で、病気を決めつけてしまう人が多いんだよ。はじめにそれを打破しないと駄目。そうしないと何を話しても半信半疑になってしまう。実際に子どもたちを見てもらうと、安心して病気に取り組めるようになるんだよね。

田中 先生にお会いする前、ほかの病院に行って息子の病名(水頭症)を聞いて、話を聞いてもわけがわからなくて、とにかく不安で仕方なかった。でも、高橋先生はぜんぜん違いました。まるで「カゼです」とでも言われているかのように感じました。そのまま水頭症という病気のことを受け入れることができて、覚悟して戦っていくと決めることができたんです。

義男の空【1】 収録対談
子どもが社会に出て、社会で生きていく力をつけてはじめて、私にとっての子どもへの治療は終わるんです──【高橋】

高橋 親は子どものことを、自分のからだの一部と思っているわけだから、良くなってほしいと思う。だから、「良くなるんだ、自分でそうすることができるんだ」という思いが大事なんだよね。何かの情報で駄目だと言われても、その気になるなということ。
子どもたちの親は病院に来た頃は弱い。人にすがろうとする。それを医師が助けて、今度は親が自分自身で立ち向かっていくように、強くなってもらう。それが僕の役割だと思ってます。事実、彼ら(子どもたちの親)はみんな成長していってるよ。


≪前のページ 次のページへ≫
air dive 有限会社エアーダイブ

トップページ Dybooksとは?事業内容新着情報自費出版
漫画の「義男の空」情報!!WEB漫画「宇佐田さん」WEB漫画「北方英雄伝カムイ」
WEB漫画「どーも 中川です。」 北海道の漫画家サンタクロース島のサンタクロース
ビジネス書「コーチングのとびら」北海道漫画家リストオススメ書籍紹介漫画の基礎知識
漫画を描いてみよう漫画広告のメリットイラストファイルメディア情報
パートナー募集会社概要アクセスマップお問い合わせ




Copyright(c) 2008 air dive. All rights reserved.